デジタルには無い魅力

フィルムカメラの最大の特徴は、デジタルカメラには無い魅力を引き出すことが出来ることに有ります。最近のデジカメは機能が向上し、様々な補正機能を駆使することによって、プロの写真家にも負けない写真を撮影することが出来るようになり、画素数が向上したことで、より綺麗な写真を撮影することが出来るようにもなりました。写真の美しさで言えば、よほどの腕が無い限りは、デジカメで撮影したほうが綺麗になるでしょうが、フィルムカメラで撮った写真には、デジタルには無い暖かさがあるといいます。

フィルムカメラで撮った写真は、写真全体がどこかぼんやりとしていて、どこか落ち着いた雰囲気を感じさせます。デジタル加工でも似たような加工は出来るかもしれませんが、フィルムカメラで撮れる写真は撮影場所に入る光など、様々な要因で変化することから、撮れる写真もそのときだけのものとなり、それがまた写真にデジタルには無い魅力を与えてくれます。

フィルムカメラは写真の仕上がりだけでなく、使い心地も楽しいという方もいます。ずっしりと重い一眼レフのフィルムカメラなどは、使いにくいながらも機械を扱っているという楽しさがあり、男性にとってはそうした扱いにくさが男心をくすぐるのだそうです。