難しさが楽しい

フィルムカメラはデジタルカメラと比べてはるかに手間がかかり、一眼レフになると操作が更に難しくなるなど、慣れない内は上手く使いこなすことが出来ないことが多いです。そのため気軽にカメラを使いたいという方にとっては不向きなカメラといえますが、フィルムカメラが好きという方は、むしろそうした不便さや難しさが楽しいと考える方が多いそうで、性能が向上したデジタルカメラよりも、ずっと昔に製造されたフィルムカメラを愛用しています。

難しいとされるフィルムカメラですが、確かにデジタルカメラと比べると、操作する手順が多くなっています。オートである程度動くタイプもありますが、古いものだと、ピントや露出を調整し、シャッターを切ったらフィルムを巻き上げたりと、古いものになればなるほど、手順が増えて、綺麗な写真を撮るのが難しくなっていきます。しかし慣れるとこうした動作が非常に楽しく、機械を扱っているという実感を強く感じることが出来ると、多くの方がフィルムカメラを楽しんでいます

以前はフィルムカメラを使っていたという方も、改めてフィルムカメラを使ってみて、その楽しさに改めて気付いたという方も多いといいます。昔はフィルムカメラを使っていたという方は、ぜひ改めてしまいっぱなしのフィルムカメラに触れてみてはいかがでしょうか。

デジタルには無い魅力

フィルムカメラの最大の特徴は、デジタルカメラには無い魅力を引き出すことが出来ることに有ります。最近のデジカメは機能が向上し、様々な補正機能を駆使することによって、プロの写真家にも負けない写真を撮影することが出来るようになり、画素数が向上したことで、より綺麗な写真を撮影することが出来るようにもなりました。写真の美しさで言えば、よほどの腕が無い限りは、デジカメで撮影したほうが綺麗になるでしょうが、フィルムカメラで撮った写真には、デジタルには無い暖かさがあるといいます。

フィルムカメラで撮った写真は、写真全体がどこかぼんやりとしていて、どこか落ち着いた雰囲気を感じさせます。デジタル加工でも似たような加工は出来るかもしれませんが、フィルムカメラで撮れる写真は撮影場所に入る光など、様々な要因で変化することから、撮れる写真もそのときだけのものとなり、それがまた写真にデジタルには無い魅力を与えてくれます。

フィルムカメラは写真の仕上がりだけでなく、使い心地も楽しいという方もいます。ずっしりと重い一眼レフのフィルムカメラなどは、使いにくいながらも機械を扱っているという楽しさがあり、男性にとってはそうした扱いにくさが男心をくすぐるのだそうです。